学易

試験名

試験番号 1Z0-809-JPN
試験名 Java SE 8 Programmer II
認定資格 Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 (OCJP Gold 8)

試験情報のページ

概要

本試験はJava SE8のGold認定資格を取得するための試験です。

本試験に合格するとGold認定されます。受験に関しての前提条件はありませんが、認定にあたりJava SE8 Silver合格が前提条件となっています。

試験はCBT形式で、随時テストセンターで受験可能です。

下位の資格に「Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8」、「Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 8」があり、上位の資格はありません。

試験情報

受験料 28,728円(税込み)
試験時間 150 分
出題数 85 問
出題方式 単一選択問題・複数選択問題(選択肢は4~6)
合格ライン 65%

試験範囲

※公式試験情報ページより引用

Java クラスの設計  

高度な Java クラスの設計

ジェネリクスとコレクション

コレクション、ストリームおよびフィルタ

ラムダ組込み関数型インタフェース 

Java ストリーム API

例外とアサーション

Java SE 8 の日付/時刻 API を使用する 

Java の I/O の基本 

Java のファイル I/O(NIO.2) 

Java の同時実行性 

JDBC によるデータベース・アプリケーションの作成 

ローカライズ

受験のポイント

問題のテーマに偏りがある

ラムダ式やストリームに関する問題は出る確率が高いですが、コンソール処理やアサーションに関する問題はほとんど出ません。その為、よく出る箇所を重点的に勉強するのが効果的です。

学易なら問題をテーマごとに分類し、任意のテーマに絞った学習が可能です。テーマごとの問題数の表示からどのテーマが頻出テーマか一目でわかります。

 

似た問題が多い

問題形式は異なるものの、問うている知識が同じである問題が多数あります。その為、繰り返し学習が有効です。

学易なら問題の解説とともにどの点が問題のポイントとなるのかを示しているので、そのポイントを理解することで、少ない学習時間で多くの問題に対応できるようになります。

 

熟読する問題はほぼありません

本試験に関しては熟読しなければ問題が理解できないという問題はほぼありません。その為、試験時間の不足を気にする必要はありません。正解に関する知識があるかないかが問われます。

一回の試験で熟読が必要な問題は1~3問出ます。いずれもJavaの知識としては初歩なのですが、ひっかけ問題(奇問)です。この問題はひっかけポイントさえ分かれば、二度間違えることはないのですが、初めての場合は時間がかかった挙句、誤答にひっかかることがよくあります。

学易なら問題をテーマごとに分類して、そのテーマのみ受験することができますので、苦手分野を集中的に勉強できます。

 

割引受験ができます

受験料は高額ですが、2千円ほど安くなる割引チケットがインターネットで購入できます。本サイトでは販売していませんので、検索サイトから「Oracle会場試験用受験チケット」で検索してみてください。

学易なら一度の試験で確実に合格するべく、本試験で問われるであろう知識のみに絞って問題を作成し、解説を記載しています。

 

提供商品について

本サイトでは下記期間・価格で問題を利用できます。
利用期間価格(税込み)
1か月5,400円
3か月6,696円
6か月7,560円

※現在の価格はキャンペーンなどで変更になっている可能性があります。購入画面で確認してください。

学習を開始する